【KO決着:初公開】宍戸 大樹 vs 鈴木 悟【SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 第2戦】『維新-ISHIN-其の弐』2010.4.11後楽園ホール

YouTube初公開【SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES第2戦】 『維新-ISHIN-其の弐』 未公開試合を毎日20時にアップ!

『投げ技、絞め技・立ち関節技』ありのシュートボクシングルールならではの試合をご覧ください。
https://shootboxing.org/rule/

2010年2月13日のシリーズ開幕戦で強敵グレッグ・フォーリーをスタンディングチョークスリーパーで切って落としたSB東洋太平洋ウェルター級チャンピオンの宍戸大樹(シーザー)が、元プロボクシング日本ミドル級チャンピオンの鈴木悟(バンゲリングベイ・スピリット/unit-K)を迎え撃つ。

鈴木はプロボクシングで1998年に全日本新人王を獲得、2000年8月に日本ミドル級王座を奪取し、9度もの防衛に成功した。WBA世界ミドル級10位にもランクインし、一度は失った日本タイトルを2005年2月に取り戻すなど活躍。同年6月に最後の試合を行い、同年10月にK-1へ転向している。2006年12月31日には『Dynamite!!』で魔裟斗とも対戦した(2RKO負け)。

K-1デビュー後はマイク・ザンビディス、チェ・ヨンス、イム・チビンらに敗れ5連敗を喫したが、キックの練習を積んで昨年9月にカムバック、元NKBミドル級チャンピオンの阿久澤栄一を1RでKOし、今年1月31日にも1RでTKO勝ち。得意のパンチで2連勝を飾っている。

迎え撃つ宍戸は「S-cupに向けて休んでいる暇はないです。梅野がどんどんアピールしているわけですから、僕は毎回それ以上の結果を出して存在感を示すしかない」と神妙な面持ちで語っているという。

 180cmを超える長身から繰り出すロングレンジの大砲を持つ鈴木か、それとも驚異的な手数で相手を戦闘不能に追い込む宍戸のSB百烈拳か!? 宍戸にとっては『シュートボクシング・ワールドトーナメントS-cup2010』へ向けて絶対に落とせない試合となる。

【SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 第2戦】 『維新-ISHIN-其の弐』
2010年4月11日(日)後楽園ホール
https://shootboxing.org/result/18740/

第10試合
エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R

宍戸大樹(シーザー/SB東洋太平洋ウェルター級王者)
VS
鈴木 悟(バンゲリングベイ・スピリット/unit-K/元プロボクシング日本ミドル級王者)

『SHOOT BOXING 大会情報』

【SHOOT BOXING 2021 act.3】
2021年6月20日(日)東京・後楽園ホール
開場/17:00 開始/18:00
https://shootboxing.org/fight/24011/

2月28日のREBELSで日菜太との70kg級日本人最強決定戦を制し、前回4月大会ではBigbangウェルター級王者モハン・ドラゴンを下したS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)が参戦。
そして、2月大会のメインイベントでKNOCK OUT-RED 61.5kg王者スアレック・ルークカムイにKO勝利したSB日本スーパーフェザー級王者・笠原弘希(シーザージム)、SB日本ライト級2位・村田聖明(シーザージム)、手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸)、MISAKI(TEAM FOREST)といった各階級の上位ランカーが揃う。対戦カードは決定次第発表となる。

6.20 海人の対戦相手は9連勝中の現ZST王者・小金翔
https://shootboxing.org/news/24017/
6月20日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ第三戦『SHOOT BOXING 2021 act.3』の第一弾対戦カードが発表された。

2月28日のREBELSで日菜太との70kg級日本人最強決定戦を制し、前回4月大会ではBigbangウェルター級王者モハン・ドラゴンを下したS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)の対戦相手は、第3代ZSTライト級王者・小金翔(フリー)に決定した。

立ち技格闘技ファンにはピンと来ない相手かもしれないが、小金は所英男や元UFC戦士・小谷直之といったMMAファイターが主戦場としていた総合格闘技団体ZST(2002年創設)の現チャンピオン。

海人と同じ180㎝の長身を誇り、DEEPでプロデビュー後は、グアムのPXCや韓国のROAD FCなど海外プロモーションでキャリアを重ね、2018年10月にZSTで新王者に。昨年7月には国内トップファイターの北岡悟とドロー、前戦となった今年4月のZSTではあえて寝技を封印し、ガンガン前に出るファイトスタイルで右ミドル、右ストレートと強烈な打撃を繰り出し圧勝してみせた。現在2つの引き分けを挟んで9連勝中。

MMA戦績は22戦17戦(3KO)3敗2分の好成績を収めており、遂に国内トップクラスのMMAファイターが海人の首を狙う。

<決定対戦カード>

▼71.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限 ※ヒジ打ちあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)
vs
小金翔(フリー/第3代ZSTライト級王者)

SHOOT BOXING https://shootboxing.org/
Twitter https://twitter.com/shoot_boxing
Facebook https://www.facebook.com/shootboxing/
Instagram https://www.instagram.com/shootboxing_official/

タイトルとURLをコピーしました