【1R秒殺KO】アンディ・サワー vs 日菜太【SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES第4戦】『維新-ISHIN-其の四』Andy Souwer vs Hinata

YouTube初公開【SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES第4戦】『維新-ISHIN-其の四』未公開試合を毎日20時にアップ!

アンディ・サワーが日菜太とSBルールで対戦した試合を公開!
S-cup スリータイムス・チャンピオンのアンディが試合前に『SBルールで行われる試合』と語っていた通り、シュートボクシングルールを最大限に活かした1R秒殺KO試合をご覧ください。

2010年9月18日(土)東京・後楽園ホールで開催されるシュートボクシング協会『維新-ISHIN-其の四』にて、ビッグファイトが決定。

7・31RISE後楽園ホール大会にて、魔裟斗をもダウンさせた『K-1 WORLD MAX 2008世界一決定トーナメント』準優勝アルトゥール・キシェンコを、“必殺”三日月蹴りでKOするという大番狂わせを起こした日菜太がシュートボクシング(以下SB)に初参戦!
しかも、対戦相手があのアンディ・サワー(オランダ/チーム・サワー)に決定。

2010年秋開催の『SHOOTBOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2010』に向けての前哨戦となるサワーだが、日菜太はキシェンコやマイク・ザンビディスなど強いパンチを武器とする世界の強豪を得意の左ミドルキックで制圧し、勝利を収めてきた実績があるだけに、同じくパンチを得意とするサワーにとっては危険極まりない相手。
大物キシェンコ戦の勝利に浮かれることなく、さらなる強者を求め今回のサワー戦に挑む“本格派”日菜太は、現在世界から最も注目を集める日本人ファイターといっていいだろう。

サワーは大みそかの魔裟斗戦を終えて、1月に地元オランダで世界王者ファディル・シャバリに勝利するも、その試合で目を負傷。今回が8カ月ぶりの試合となる。
今回の日菜太戦に関して「日菜太の試合はK-1MAXのザンビディス戦などで見ていたし、彼の左のキックがかなり厄介な武器だということも知ってた。でも正直キシェンコにKOで勝つとは思わなかった。だからいつ試合してもいいように対策は立てていたし、今年のS-cupを前に、S-cup3タイムスチャンピオンの僕が負けるわけにはいかないからね。ブランクは問題ない。トレーニングはバッチリ積んでるよ」とコメント。

日菜太が超大物相手にまたしても大番狂わせを起こすのか?
それともサワーが日菜太の勢いをストップして健在ぶりを示すのか!?注目の大一番となった。

【SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES第4戦】『維新-ISHIN-其の四』
2010年9月18日(土)後楽園ホール
https://shootboxing.org/result/18690/

第9試合
エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R

アンディ・サワー Andy Souwer
(オランダ/チーム・サワー/S-cup2002・2004・2008優勝、K-1 WORLD MAX世界トーナメント2005・2007優勝)
VS
日菜太
(湘南格闘クラブ/初代RISEミドル級王者、2010年K-1 WORLD MAX日本トーナメント第3位)

『SHOOT BOXING 大会情報』

【SHOOT BOXING 2021 act.3】
2021年6月20日(日)東京・後楽園ホール
開場/17:00 開始/18:00
https://shootboxing.org/fight/24011/

2月28日のREBELSで日菜太との70kg級日本人最強決定戦を制し、前回4月大会ではBigbangウェルター級王者モハン・ドラゴンを下したS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)が参戦。
そして、2月大会のメインイベントでKNOCK OUT-RED 61.5kg王者スアレック・ルークカムイにKO勝利したSB日本スーパーフェザー級王者・笠原弘希(シーザージム)、SB日本ライト級2位・村田聖明(シーザージム)、手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸)、MISAKI(TEAM FOREST)といった各階級の上位ランカーが揃う。対戦カードは決定次第発表となる。

6.20 海人の対戦相手は9連勝中の現ZST王者・小金翔
https://shootboxing.org/news/24017/
6月20日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ第三戦『SHOOT BOXING 2021 act.3』の第一弾対戦カードが発表された。

2月28日のREBELSで日菜太との70kg級日本人最強決定戦を制し、前回4月大会ではBigbangウェルター級王者モハン・ドラゴンを下したS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)の対戦相手は、第3代ZSTライト級王者・小金翔(フリー)に決定した。

立ち技格闘技ファンにはピンと来ない相手かもしれないが、小金は所英男や元UFC戦士・小谷直之といったMMAファイターが主戦場としていた総合格闘技団体ZST(2002年創設)の現チャンピオン。

海人と同じ180㎝の長身を誇り、DEEPでプロデビュー後は、グアムのPXCや韓国のROAD FCなど海外プロモーションでキャリアを重ね、2018年10月にZSTで新王者に。昨年7月には国内トップファイターの北岡悟とドロー、前戦となった今年4月のZSTではあえて寝技を封印し、ガンガン前に出るファイトスタイルで右ミドル、右ストレートと強烈な打撃を繰り出し圧勝してみせた。現在2つの引き分けを挟んで9連勝中。

MMA戦績は22戦17戦(3KO)3敗2分の好成績を収めており、遂に国内トップクラスのMMAファイターが海人の首を狙う。

<決定対戦カード>

▼71.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限 ※ヒジ打ちあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)
vs
小金翔(フリー/第3代ZSTライト級王者)

▼65.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級2位)
vs
モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/Bigbangウェルター級王者、元MA日本スーパーライト級王者)

▼58.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級1位)
vs
井上竜太(Hardworker/INNOVATIONフェザー級3位)

▼SB日本フェザー級(57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
元貴(DAB/SB日本フェザー級3位)
vs
山田彪太朗(シーザージム/SB日本フェザー級5位)

SHOOT BOXING https://shootboxing.org/
Twitter https://twitter.com/shoot_boxing
Facebook https://www.facebook.com/shootboxing/
Instagram https://www.instagram.com/shootboxing_official/

タイトルとURLをコピーしました