☆KOパンチャー同士の斬り合い!! 平仲明信vs菊崎英二【日本Jウェルター級タイトルマッチ】1988年1月26日

平仲明信、田名部雅寛(帝拳)から奪取した日本タイトル6度目の防衛戦。
平仲はノンタイトル戦を挟み3連続KO中。前回は87年10月に真中哲也(上福岡)を8R TKOで下し、5度目の防衛を飾っている。

対する菊崎は、86年10月のA級賞金トーナメントで友成光(新日本木村)に判定負けを喫し、16戦目で初黒星(https://www.youtube.com/watch?v=KaZFtb6Dwhk&t=37s)。
日本タイトルにやや遠回りをしたがハードパンチは健在。
前回の負傷ドローから一気にタイトルマッチのチャンスを得て、この一戦に賭ける。

◆日本ウェルター級タイトルマッチ 1988年1月26日
◎チャンピオン 平仲明信(沖縄)戦績12戦12勝(11KO)無敗
◎日本同級1位  菊崎英二(草加有澤)戦績18戦15勝(13KO)2敗1分

☆日本Jウェルター級タイトル変遷
第14代王者 守安竜也(岡山平沼)1981年8月27日 – 1982年11月2日 防衛=3
第15代王者 亀田昭雄(ミカド) 1982年11月2日 – 1984年(返上) 防衛=4
第16代王者 田名部雅寛(帝拳) 1984年12月10日 – 1985年4月4日 防衛=0
第17代王者 外間勝紀(F上原) 1985年4月4日 – 1986年10月3日 防衛=1
第18代王者 田名部雅寛(帝拳) 1985年10月3日 – 1986年1月9日 防衛=0
第19代王者 平仲明信(沖縄) 1986年1月9日 –         防衛=5

☆第32代WBA Jウェルター級チャンピオンの土木・建築会社
https://www.boxer-hiranaka.com/hiranaka/about-us/

タイトルとURLをコピーしました