☆閲覧注意‼立ったまま失神KO決着!!!【日本Jr.バンタム級タイトルマッチ】チャンピオン 糸数 勤(帝拳)vs 挑戦者 ジャッカル丸山(JRJ国際)1982年11月9日 ※説明欄に詳細

両者はこれが3度目の対戦。
初戦では王者であったジャッカルに対し、糸数が挑戦者の立場でタイトルを争い、ジャッカルがKO防衛。前回2度目の対戦(1982年2月16日)では、ジャッカルの返上した王座に就いていた糸数が、ジャッカルの挑戦を受けKO防衛。
(前戦 https://www.youtube.com/watch?v=vzVaP1QMXow)
今回3度目の対戦も激戦必至である。

◆日本Jr.バンタム級タイトルマッチ10回戦 1982年11月9日

◎チャンピオン 糸数 勤 25歳 戦績 9戦 5勝(3KO)2敗2分
拓大出身のアマエリート。アマ69戦55勝、サウスポースタイルから繰り出す右フックが武器。王座決定戦で、古口哲(センターS)を下し第2代日本Jr.バンタム級チャンピオンに就く。これが2度目の防衛戦。

◎挑戦者同級2位 ジャッカル丸山 28歳 31戦19勝(11KO)8敗4分
全日本新人王を経て、アマ2年連続全国覇者・古口哲(センターS)をKOで降し初代日本Jr.バンタム級チャンピオンに輝く。WBA初代Jr.バンタム級王座 エリミネーションバウト・WBC世界Jr.バンタム級王座挑戦には失敗。日本タイトルから出直しを図る。

☆伝説のボクサー・ジャッカル丸山ドキュメント番組「ジャッカルの青春」
https://www.youtube.com/watch?v=b5lUq8KERBM

タイトルとURLをコピーしました