ブアカーオ K1 ムエタイ最強戦士 豪快ダウン、KO集

1982年5月8日 – )は、タイの男性キックボクサー。本名はソムバット・バンチャーメー(Sombat Banchamek)。スリン県出身。ポー.プラムックジム所属。現Kunlun Fightムエタイ世界ミドル級王者。K-1 WORLD MAX 2004・2006王者、S-cup 2010王者。リングネームのブアカーオとは、白蓮の意。ブアカーオ・バンチャーメーとも。

相手の弱点を徹底的に突く老獪さと引き出しの多さも彼の長所である。ムエタイと散打の対抗戦において、ムエタイの大物選手が投げのポイントを大きく取る散打ルールに苦しみ、散打選手に判定負けしていく中、ブアカーオは膝蹴りでKOし勝利をあげた。

優れた蹴り技を持つものの、一発一発は軽いとされている。これは、ムエタイ独特の、全力で蹴らず、蹴りを出すこと自体で相手をコントロールすると同時にポイントを稼ぐ、「力を抜いた蹴り」を使うからだと言われる。これは膨大な試合数と練習をこなし、試合慣れしているムエタイ選手独特の高等技術と言える。

K-1 WORLD MAXにおいて圧倒的な強さで2度チャンピオンになったことに加え容姿端麗であるため、女性人気も高かった。

#ブアカーオ#K1#มวยไทย

タイトルとURLをコピーしました