【次元が違いすぎるw】井上尚弥vsパヤノ戦。 わずか70秒でKO瞬殺する井上尚弥の駆け引きが凄すぎた。 準々決勝 【試合解説】

#井上尚弥 #WBSS #ボクシング #井上尚弥パヤノ

現役世界王者。怪物『井上尚弥』の過酷トレーニング。【筋トレ】

現役世界王者。怪物『井上尚弥』の過酷トレーニング。【筋トレ】

【井上尚弥マジで化け物】井上尚弥vsマイケル・ダスマリナス戦。強烈な左ボディーブローの音がやばすぎたw【試合解説】Inoue Naoya vs Michael Dasmarinas

【井上尚弥マジで化け物】井上尚弥vsマイケル・ダスマリナス戦。強烈な左ボディーブローの音がやばすぎたw【試合解説】Inoue Naoya vs Michael Dasmarinas

井上尚弥 デビュー戦からマイケル・ダスマリナス戦まで全KO集 ダウンシーン Inoue Naoya knockout

井上尚弥 デビュー戦からマイケル・ダスマリナス戦まで全KO集 ダウンシーン Inoue Naoya knockout 【再投稿】

井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日 – )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じく元プロボクサーの井上浩樹がいる。既婚。三児の父親。血液型A型[2]。

圧倒的な実力と完璧なボクシングスタイルから『日本ボクシング史上最高傑作』と呼ばれており[3][4]、アメリカの権威あるボクシング専門誌「ザ・リング」が格付けするパウンド・フォー・パウンドランキングで日本人歴代最高2位の評価を受けた[5]。アマチュア時代には、日本ボクシング史上初めて高校生にして7つのタイトルを獲得し、プロ転向後も8戦目での2階級制覇は国内最速記録(ワシル・ロマチェンコの世界最速となるプロ7戦目に次ぐ記録)[6]。

第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。現WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者。

井上尚弥ドネア 井上尚弥パッキャオ 井上尚弥ダウンシーン

タイトルとURLをコピーしました