バダ・ハリ vs アリスター・オーフレイム  K-1 WORLD GP 2009 FINAL

2009年12月5日(土) 横浜アリーナ
Badr Hari vs Alistair Overeem

第7試合 準決勝(1) 3分3R(延長1R)
○バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム/昨年ベスト8)
×アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー/ファン投票枠)
1R 2’14” KO (2ダウン:左ハイキック)

昨年の大晦日のDynamite!!での”制裁マッチ”で1R KO負けを喫しているハリだが、今回はノーダメージで戦うということもあり、序盤から積極的にパンチで攻めて先手。アリスターの組み付いての膝も難なく耐えると、アリスターの左フックに合わせ、カウンターの右フックを当ててダウンを奪う。ハリはここぞとばかりにパンチと蹴りのラッシュ。アリスターは蹴り足をつかんで投げ飛ばしたりと、驚異的なパワーを見せつけるが、ハリの勢いは止められず。最後はハリが左ハイをアリスターの首筋に叩き込むと、アリスターは腰が落ち、ロープに両手を絡めた状態ではあったがダウンが宣告され、ハリのリベンジ成功となった。
http://www.boutreview.com/2/reports/k1/091205k1wgp.html

タイトルとURLをコピーしました