【ボクシング】感動泣ける試合ランキング後編(1~5位)TOP10

ぜひ最後まで見ていただければと思います。
👇前編
ボクシング感動泣ける試合ランキングTOP10前編(10~6位)

ボクシング感動泣ける試合ランキング前編TOP10(10~6位)

⬛目次
00:06 第5位 メキシコの太陽の落日:永遠のチャンピオン:大場政夫(王者)VSチャチャイ・チオノイ(挑戦者)
02:16 第4位 貫き通した男の美学:ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(王者)VS辰吉丈一郎(挑戦者)
05:32 第3位 不死鳥飛ばず:ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(王者)VS辰吉丈一郎(挑戦者)
08:10 第2位 キンシャサの奇跡:ジョージ・フォアマン(王者)VSモハメド・アリ(挑戦者)
11:15 第1位 45歳最年長(当時)世界タイトル奪取:マイケル・モーラー(王者)VSジョージ・フォアマン(挑戦者)
13:57 あとがき~このランキングを作るにあたって~
14:35 次回予告~歴代日本人ボクサー最強ランキング~

✔この動画の内容のブログ記事
https://www.nubeox.com/boxingnakerutop10/

感動した、泣ける試合TOP10を作成する際に、最も悩んだのは、やはり、どの試合を選ぶかでした。
長くボクシングを観ていれば、感動の試合は、それこそ1000試合でも足りないくらいです。私が選んだ試合は、最終的には個人的な選択になります。
私が最も感性が多感だった、10代、20代に観ていたボクサー達には特別な思い入れがあります。
そういった理由から、チャベス、タイソン、デュラン等の試合を選びました、国内では、鬼塚選手、辰吉選手にはかなりの影響を受けているので、その2人もはずせませんでした。
(1位に選んだフォアマンとモーラーの試合は2位のアリVSフォアマン戦からの流れで観て頂けると、分かり易いと思います。
フォアマン自身が人生で最も辛かった出来事と語るアリ戦の敗北を乗り越えたのが、20年後のモーラー戦だったと思います。その20年分の想いをこめて1位に選びました。)
このランキングを観てくださる方の中には、もしかしたら、「自分の好きな試合が入ってない」と思う方もいるかもしれませんが、そこは個人的な好み、ということで、ご了承ください。

🥊ボクシング動画
井上尚弥 ドキュメント前編~怪物誕生!世界が驚愕した日本の最高傑作~

井上尚弥ドキュメント前編~怪物誕生!世界が驚愕した日本の最高傑作~

井上尚弥ドキュメント後編~怪物から世界のMonsterへ~

井上尚弥ドキュメント後編~怪物から世界のMonsterへ~

引用元

大場政夫  VS  チャチャイ・チオノイ (1973年)
鬼塚勝也 vs 李炯哲 Katsuya Onizuka VS. Hyung-Chul Lee
WBC世界バンタム級TM  ウィラポンナコンルアンプロモーションVS辰吉丈一郎(再戦)
1974 10 30 キンシャサの奇跡 モハメド・アリ vs ジョージ・フォアマン
George Foreman vs Michael Moorer
George Foreman vs Micheal Moorerforeman shocked the world.leave a thumbs up or comment thanx.

タイトルとURLをコピーしました