亀田興毅 韓国世界戦 10Rまさかのダウン

スリップのようですが、スローで見るとパンチが当たっています。
判定直後の会場は大きなブーイングに包まれた。
 韓国で行われたWBA世界バンタム級タイトルマッチは亀田興毅(27)が判定で同級14位の孫正五(32=韓国)を下し、日本歴代4位に並ぶ8度目の防衛に成功。日本人としては海外で世界王座を防衛した4人目のチャンピオンとなった。

 それにしても不可解な判定だった。亀田は5回、孫の右ストレートを顔面にくらう。9回には連打を浴びてサンドバッグ状態。10回は孫の左フックでダウンを奪われた。12回を終えると孫は勝利を確信。左右のまぶたを切った亀田はリングサイドで不安げな表情を見せていたことからも勝敗は明らかだったが、軍配はなぜか亀田に上がった。

 26戦20勝4敗2分けの孫はKOはたったの6回。07年に韓国スーパーフライ級王者となり国内で2階級制覇し、今回はバンタム級にクラスを上げて初の世界挑戦。しかも実戦は昨年12月以来。練習不足から上半身に筋肉はなく、カラダは真っ白。そんな相手でも亀田はKOできずに疑惑の勝利となった。
本人も負けたと思ったのだろう。
「コンディションは良かったけど、リングに上がったらピリッとしなかった。これも含めて実力。プロ10年ここまでやってきたし、1回考え直して見つめ直したい」と語っていた。

 亀田陣営は興行権のある試合はパンチ力のない、かなり格下の相手ばかりを対戦相手に選ぶ。3度目の防衛戦となった11年12月のマシアス(メキシコ)戦以後、KO勝ちはなく、この日も大苦戦だった。

 弱い相手を選んでも倒せないのが亀田興毅のボクシング。WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(31)が「統一戦をやろう」と言ってものってこないわけだ。

タイトルとURLをコピーしました